ハイブリッド・ティー(HT)について

ハイブリッド・ティー(HT)とは

1867年フランスのギヨー(Guillor)によって、

ハイブリッドパーペチュアル系
'マダム・ビクトール・ベルディ(Mme Victor Verdier)'と、

ティー系'マダム・ファルコット(Mme Falcot)'
または 'マダム・ブレビー(Mme Bravy)'を

交配して生まれたのが最初の
ハイブリッド・ティ―系'ラ・フランス'です。

これ以降作出されたガーデンローズを
モダン・ガーデン・ローズと総称します。

ブリッド・ティー系は
20世紀を通じて広く普及した代表的なバラで、

四季咲き性、大輪の花を1輪または数輪つけ、
強健なブッシュ型の小型~中型のバラです。

最近では、ウドンコ病、黒点病に対する高い耐病性と
耐暑性を兼ね揃えた品種が作出されつつあります。

 

 

 

Page Top